福井せいじと仲間たち写真

=“愛と誠”の政治=

“愛”の反対は無関心だと私は思います。そうであるならば“愛”とは「関心を持つこと、目を向けること」だと私は考えます。様々な事に関心を持つ、様々な人に関心を持つ事によって、何が問題であるか、何を望んでいるかがわかります。

“誠”とは、その字のとおり「“言”ったことを“成”し遂げること」だと考えます。考えたこと決断したことを言葉にし、成し遂げることが“誠”だと思います。

私は人・地域・社会・時代に関心を持ち、みんなが望んでいること、そして課題を明確にし、その実現・解決に挑戦します。それが“愛と誠”の政治です。 そして政治の目的は「今を生きるみんなが、物心ともに豊かで明るいと実感できる社会を築くこと」です。

私は“愛と誠”の政治を貫き、みんなと一緒に豊かで明るい社会をつくります。