新着情報はこちら

シクミ ツクル フクイ

シクミ ツクル フクイ

私は、みんなの思いと意志を積み上げ、地域と時代に適応するシクミをつくり、
盛岡が持つ風土・情緒をまもり、自然・文化・芸術・賑わい・健康をテーマに
100年先も輝ける未来の盛岡を目指します。

フクイのモットー「シクミ ツクル フクイ」

フクイのモットー
「シクミ ツクル フクイ」

世界・日本の気候が変わっていると感じます。少子高齢化による人口減少が続く中で、地方の魅力・元気がなくなっています。AI(人工知能)・IoTなど技術革新が進み、私たちの暮らしも少しずつ変わっています。

しかしその変化は静かで見えにくい。でも確実に変わっています。きっと私たちの子どもや孫が生きる次の時代は、今とは全く違う風景になっています。そして税金や年金も大きく変わります。だからこそ、その未来に続く今、様々な変化への備えをしたいのです。備えとは、今までを守るのではなく、これからに適応することです。そのために、様々なシクミをツクリ、盛岡をともに未来へ動かせたいのです。

皆の声と意志を積み重ね、もりおかイシガキ構想を築き、100年先も輝ける未来の盛岡を目指します。

もりおかイシガキ構想。

もりおか
イシガキ構想。

「新しい盛岡」の礎を築くとき。

100年先も輝ける
未来の盛岡を目指して
みんなの思いと意志で
積み上げる都市に。

もりおかイシガキ構想。 もりおかイシガキ構想。の各政策

簡単をつくる

会社の健康診断の採血やX線のデータを他の病院でも活用する。これまで重複していた採血やX線検査が1度で済みます。患者や病院担当者の負担が軽減され、診察もスムーズに丁寧に行われます。病院・かかりつけ医・介護施設などでデータを共有する“1枚のカルテ(医療・介護情報データ共有のシクミ)”により、様々な場面で作業や取組みが簡単になります。

動きをつくる

時代は、世界は、自然は、大きく動いている。ヒト・モノ・カネ・ジョウホウも、大きく動いている。その中で“もりおか”も動かなければならない。盛岡のヒト・モノ・カネ・ジョウホウを動かすシクミを作り、盛岡に賑わい・笑顔・育てる・発信・簡単をつくる。

高齢化、労働力不足、環境保護...様々な課題に対応し、自家用車・路面電車(LRT)・バス・タクシー・共同利用自転車(自転車シェアリング)などを組み合わせ新しい移動(動き)のシクミをつくり、多くの人が自由に気軽に移動し買物・病院・飲食など外に出かける環境をつくります。健康増進・余暇の有効利用・地域経済循環に繋がり街の賑わいを一層促進します。

賑わいをつくる

中央資本の進出・浸食が進む中で、地元の企業の存続が危ぶまれています。地元事業者の事業承継を進め、地域の生産・販売・消費の地域経済循環のシクミを作る事が、ヒト・モノ・カネが活発に動く環境をつくり、地域の賑わいをつくります。

育てるをつくる

子育て支援は、様々な政策を繋ぎ地域の力を高める幹です。高校生までの医療費を無償化し、子ども達の健康増進を進め地域の活力を高めるシクミをつくります。小・中学校の完全給食を実施し、子ども達の栄養管理を促進し、お母さんが活躍するシクミをつくります。小・中一貫教育を導入し、子どもたちの生きる力・学力の充実を図ります。

発信をつくる

人・自然・歴史・文化・芸術...盛岡には多くの宝があります。“もりおかイシガキLAB(ラボ=研究室)”を設置し、盛岡のコンテンツ発掘・発信のシクミをつくります。盛岡が持つ土地の意味性にこだわり、歴史的建造物・自然の保存再生を図り、盛岡の景観を整備し、盛岡の潜在力を掘り起こし、“芸術文化都市盛岡”を確立!世界に発信し100年先も輝けるまちをつくります。

笑顔をつくる

女性や若者が活躍できるシクミをつくり、自立介護や総合支援介護事業を充実させ健康寿命を延ばすシクミをつくり、笑顔が溢れる盛岡をつくります。さらに虐待やいじめをなくすシクミ(児童虐待防止条例)をつくり子どもたちの笑顔を守ります。

これまでの取り組み

◎地元企業の振興

・“岩手県中小企業振興条例”制定

写真

民間事業者・行政・県民などの役割を明確にし、地元企業の振興を目指す制度を創設した。

・伝統的工芸品月間全国大会の誘致

写真

平成31年11月開催の伝統的工芸品月間全国大会(前回誘致時10万人来場)を岩手県に誘致。

◎文化芸術・スポーツで地域を元気にする

・盛岡市と岩手県が共同でプロ仕様新野球場建設

写真
秋田こまち球場
※写真はイメージです。

これまで市と県がそれぞれ建設していた球場を盛岡市と岩手県が協力して1つの高規格の野球場を建設するシクミを提案し、現在盛岡南公園内に新しい野球場を建設する計画が進んでいる。

・スポーツクライミング複合競技
(ボルダリング・リード・スピードの3種)施設完成

写真

東京2020オリンピックの公式競技にスポーツクライミングが採択された。スピードは壁に登る速さ、リードは登る高さ、ボルダリングはクリアした課題コースの数を競う。岩手県にはスピード競技施設がなかった。岩手県はスポーツクライミング競技五輪強化選手である伊藤ふたば選手など有望選手がおり私は岩手県をスポーツクライミング競技のメッカにしたい。そこで複合競技大会が開催を可能にするためスピード競技施設の建設提案をした結果、みたけ県営運動公園に建設され、6月には第1回コンバインド(複合)ジャパンカップが盛岡市で開催された。

・“いわてアートプロジェクト”活動推進

写真

国内外のアーティスト、民間事業者、行政が連携して震災の記憶を風化させない事を目的に、震災をテーマにした作品制作、ワークショップ開催、展覧会開催、図録作成などいわてアートプロジェクトの委員長として取り組んできた。その活動は内外から評価され現在も様々なイベント出展依頼を受けている。またプロジェクトで築いたネットワークを進化させ若者活躍支援活動などを展開している。

◎医療・福祉の充実

・子どもの医療費の無償化にむけて

写真

全国で格差がある子どもの医療費。岩手県として中学校までの無償化制度の設置を求めて議会で提案を続けてきた。現在、岩手県では就学前の児童の医療費無償化と小学生の入院費の無償化までを実現した。さらに盛岡市では中学生までの無償化補助がなされた。今後も高校生までの無償化と病院窓口で医療費支払い無しを求めて活動をする。

・重症心身障害者の施設充実を求めて

写真

重度の障害を持つ児童から高齢者まで切れ目のない介護・診療を受けられる施設の設置を求めて保護者の皆様とともに県当局に要望を重ねてきた結果、国立病院機構の理解を得て盛岡に施設設置が認められ平成31年度開業を目指し調整が進められている。

◎必要な物・事を、必要な場所に...

・“岩手”の名前由来を持つ三ツ石神社のトイレ整備

写真

その昔、悪さをする鬼が二度と現れない事を約束した手形があるといわれる三ツ石神社には修学旅行生を初め観光客が訪れるがトイレがなかった。そこで地元の要望もあり盛岡市と民間事業者の協力を得てトイレを整備した。

・けが人多発の歩道整備

写真

盛岡市三戸町の歩道は昭和45年岩手国体以来未整備の状況で陥没等の損傷箇所が多く躓いて骨折する方もいる危険な歩道であった。地元からの要望を受け県に相談した結果、歩道整備工事がなされ安全で綺麗な歩道に生まれ変わった。

・通学児童の安全確保

写真

玉山好摩駅付近の道路には歩道がなく通学時には交通量が多く、児童の安全確保が難しかった。地元からの要望を受け県当局に要望した結果、歩道確保工事に着手され現在完成に向け工事が進んでいる。

・急傾斜危険箇所保全工事

写真

地元盛岡市山岸地区には急傾斜で崩落危険地域がある。調査の結果、予算確保が可能となり崩落予防工事着手に向けて、地元と盛岡市で調整が進んでいる。

・中心市街地活性化事業の推進

写真

機能低下したバスセンターを再開発し中心市街地の活性化に結びつけようと地元商店街が中心になり再開発提案を進めた結果、盛岡市が土地を取得し再開発に向けて動き出した。現在跡地は賑わい創出の拠点SIDE-Bとしてイベント開催などを展開している。

・盛岡短期大学跡地活用

写真

移転後再開発が進まなかった跡地に老朽化した地域住民施設の建設を働きかけてきた結果、県当局・盛岡市の理解を得て活用に向けて調整が進んでいる。

県政レポート

県政レポート

GET Adobe Acrobat Reader

福井せいじの県政レポート(PDF形式)をご覧いただくには、Adobe Acrobat Reader DCが必要です。
インストールされていない場合は、左のボタンからダウンロードを行って下さい。

プロフィール

福井せいじ

福井せいじプロフィール

略歴

昭和34年
5月18日
盛岡市神明町生まれ(本籍:盛岡市山岸2丁目)
昭和50年 岩手大学教育学部附属中学校卒
昭和53年 岩手県立盛岡第一高等学校卒 2年間の浪人生活
昭和59年 早稲田大学商学部卒
昭和59年4月 サッポロビール株式会社入社
昭和63年10月 株式会社成瀬入社
平成9年7月 (株)成瀬:盛岡市南大通、
(有)福井:盛岡市神明町代表取締役就任
現在に至る

主な公職

平成10年 社団法人盛岡青年会議所理事長
平成11年 街づくり応援隊(グランドワーク実践隊)結成
平成17年
~19年
岩手大学附属小学校PTA会長
平成19年 岩手大学附属中学校PTA会長
平成17年~ 茶道裏千家淡交会岩手支部副支部長
平成18年~ 盛岡市ブランド推進委員会委員
平成19年5月
~22年6月
盛岡市議会議員
平成19年~ 岩手県卸売酒販協議会会長
平成23年9月
~31年3月
岩手県議会議員

お問い合わせ

お問い合わせ

福井せいじ事務所への
お問い合わせはコチラから

お問い合わせの種類 必須
お名前 必須
フリガナ 必須
メールアドレス 必須
ご住所 必須
お電話番号 必須
FAX番号
ご紹介者名
お問い合わせ
(2000文字)
必須